百々俊二 井上青龍 写真展

    Prev Next

    百々俊二 井上青龍 写真展

    「釜ヶ崎 - 新世界:高度成長時代下の生き方」

    2 0 1 0 年 1 1 月 2 6 日 ( f r i ) - 1 2 月 1 9 日 ( s u n )

    Party: 1 1 / 2 6 ( f r i ) 1 9 : 3 0 - 2 1: 0 0

    1. amandalo.illustration 97 months ago | reply

      11月26日(金)より、百々俊二と井上青龍という2人の日本人写真家の作品を展示いた します。

      彼らは新世界や釜ヶ崎など天王寺の近くで知られています。この地域は荒れ た地域です。日雇い労働者が仕事を探してうろつき、大阪の建築現場に仕事を求めて います。彼らの生活とは、その日の労働の雇い主が見つからなければ道端で座り、酒 を飲み一日が過ぎるか、運良く仕事が見つかっても仕事が終わり次第酒と女に金を使 い、あっという間に稼いだ賃金はなくなってしまいます。日本の純粋な暗黒街です。

      ポルノ映画劇場や酒場、売春婦やその妓夫、暴力団やギャンブラーがそこら中にいる ような地域。これが日本の陰、日本の高度経済成長の裏の顔です。 百々俊二は大阪で生まれ、大阪で育ちました。大阪のビジュアルアーツ専門学校で教 師、後に校長を1970代前半まで勤めました。1999年には伊奈信男賞を受領し、”新世界むかしも今も”という写真集は1986年に発行されました。 故井上青龍は1931年に四国の高地県で生まれ、その後若くして大阪に移動し、1951年 からは故岩宮武二に師事、彼の写真スタジオで働き続けました。1950代に釜ヶ崎地域 を撮り続けた写真の集大成 ”人間百景−釜ヶ崎”という写真集で、1961年日本写真 批評家協会の新人賞を受賞しました。

      1959年には森山大道氏も岩宮武二のスタジオで働きました。年上の井上は森山氏に対 して多大な影響を及ぼし、両氏は井上が1988年に他界するまで近い友人でした。

      この大阪を拠点とした写真家達の作品は東京を拠点とする写真家ほど注目を浴びませ んでしたが、禅フォトギャラリーにて今回展示する作品は、いずれも日本の写真史の 中で卓越した内容です。

      We present works by two Japanese photographers, Shunji Dodo and Seiryu Inoue. Known variously as Shinseikai or Kamagasaki, among other names, it is a notorious district of southern Osaka near Tennoji. This is a rough area. Day labourers hang around hoping for work on one of the building sites of Osaka. If they don`t catch a ride on the back of a truck for a hard day`s work they will sit drinking by the side of the road. If they were lucky to get a job they will return and spend their money drinking and whoring.

      The area is pure underworld Japan. Porn movie theaters and roadside bars, prostitutes and pimps, gangsters and gamblers. The other face of Japan`s romanticized High Growth Era. Shunji Dodo was born and raised in Osaka. He has been teacher and then principal of the Osaka Visual Arts College since the early 1970s. He received the Ina Nobuo Award in 1999. Dodo`s book “Shinsekai: Past and Present” was published in 1986. Seiryu Inoue was born in 1931 in Kochi Prefecture in Shikoku and moved to Osaka as a young man, working in the photographic studio of Takeji Iwamiya from 1951.

      For his photographic work in the district in the 1950s “The Hundred Faces of Kamagasaki” he received in 1961 the Newcomer`s Award from the Japan Photography Critics` Association.

      In 1959 a young Daido Moriyama also joined Iwamiya`s studio. The older Inoue clearly had a great influence on Moriyama and they remained close friends until Inoue`s untimely death in 1988.

      The work of Osaka-based photographers may not have received the attention given to those in Tokyo, but the works from Osaka on display in this exhibition at Zen Foto stand comparison with any taken in post-war Japan.

    keyboard shortcuts: previous photo next photo L view in light box F favorite < scroll film strip left > scroll film strip right ? show all shortcuts