OutRun at the 10.10.10 Experimental Media Art Festival, Beall Center for Art & Technology

FULL VIDEO HERE: www.youtube.com/watch?v=ytSHNQwmpZE


Garnet Hertz's video game concept car combines a car-shaped arcade game cabinet with a real world electric vehicle to produce a video game system that actually drives. OutRun offers a unique mixed reality simulation as one physically drives through an 8-bit video game. The windshield of the system features custom software that transforms the real world into an 8-bit video game, enabling the user to have limitless gameplay opportunities while driving. Hertz has designed OutRun to de-simulate the driving component of a video game: where game simulations strive to be increasingly realistic (usually focused on graphics), this system pursues "real" driving through the game. Additionally, playing off the game-like experience one can have driving with an automobile navigation system, OutRun explores the consequences of using only a computer model of the world as a navigation tool for driving.


ガーネットHertzのビデオゲームの概念車は現実の世界の電気自動車によって実際に運転するビデオゲームシステムを作り出すために車型のアーケード・ゲームのキャビネットを結合する。追い越された提供は8ビットビデオゲームを通って1つとして一義的な混合された現実のシミュレーション物理的に運転する。運転している間8ビットビデオゲームに現実の世界を変形させるシステム特徴のカスタム・ソフトウェアの風防ガラス、無制限のgameplay機会を持っていることをユーザーが可能にする。Hertzはビデオゲームの運転コンポーネントを非模倣するために追い越されて設計した: (図形に通常焦点を合わせられてゲームのシミュレーションがますます現実的であるように努力する一方、)、このシステムはゲームを通って「実質の」運。さらに、ゲームそっくりの経験1を離れて遊ぶことは運転のための運行ツールとして追い越す探索する世界の計算機モデルだけ使用の結果を自動車航法システムとの運転を有することができる。


More info: conceptlab.com/outrun/


このプロジェクトについてのより多くの情報はでオンライン見つけることができる: conceptlab.com/outrun/

16 faves
Uploaded on October 12, 2010