new icn messageflickr-free-ic3d pan white
モノ・トーン(monotone) | by YASUhito suzuki
Back to album

モノ・トーン(monotone)

制作年:2019年

制 作:鈴木 泰人

場 所:日本神奈川県真鶴市

主 催:真鶴まちなーれ

種 別:インスタレーション

素 材:冷蔵庫、魚屋の古道具、照明、照明プログラム

映 像:https://youtu.be/gscY13fTom0

内 容:真鶴の風景に介在する限りなくグレーに近い中間色を今回は素材として選んだ。 今回の芸術祭テーマである【湧き起こる色】とは、真鶴の風景や人に即したモノに宿っていて、曖昧だけど鈍く綺麗な色なのではないだろうか。

 

すでに湧き起こり、町を彩ってきた真鶴の色は、あらゆる場所に見て取ることができる。その色たちは、記憶や歴史の中に ひっそりと閉じ込めてある宝物であり、あるいは冷蔵庫にでも保管しておきたい生物であり、蓋を開けてしまうと色褪せてしまうモノばかりなのではないかと考える。そのモノに宿る微かなトーンを掬い上げ、経験する対象にすることで、音の様に無色透明なモノですら目を閉じて自分の感覚と照らし合わせてみれば、鮮やかな色を帯びてくるかもしれない。それは、訪れた人にしか見えない真鶴の色に他なりません。作品は、その限りなくグレーに近い中間色の原色に触れて貰える機会として其処に存在する。

 

 

Production year: 2019

Production: Yasuhito Suzuki

Venue: Manazuru, Kanagawa, Japan

Organizer: Manazuru Town

Type: Installation

Material: refrigerator, fish shop old tools, lighting, lighting program

video:https://youtu.be/gscY13fTom0

Contents: We chose a neutral color that is as close to gray as possible without intervening in the Manazuru landscape. The theme of this art festival, “The color that springs up,” is dwelling in the scenery of Manazuru and the objects that match the people.

 

The color of Manazuru, which has already sprung up and colored the town, can be seen everywhere. These colors are treasures that are secretly kept in memory and history, or that are creatures that you want to keep in the refrigerator, and that they only fade when you open the lid. By scooping out the faint tones that reside in the object and making it an object to be experienced, even a colorless and transparent object like a sound closes your eyes and shines with your senses, it will take on a vivid color Maybe. It is nothing but the color of Manazuru that can be seen only by visitors. The work exists there as an opportunity to get in touch with the neutral primaries that are almost gray.

75 views
0 faves
0 comments
Taken on March 4, 2019