new icn messageflickr-free-ic3d pan white
2011年12月13日 南三陸町志津川 上山八幡宮 | by shiggyyoshida
Back to photostream

2011年12月13日 南三陸町志津川 上山八幡宮

大津波の襲来で、人々は生と死の境を目の当たりした。多くの人々が神社の階段を駆け上がり、神のもとへと逃げ、命をつないだ。南三陸町の上山八幡宮、工藤祐允 宮司はいう、「津波は鳥居までやってきました。すべてを飲み込み、去っていった後、アスナロの樹だけが残っていました。その樹を見たときに涙が溢れて止まりませんでした」希望の明日へと繋がるアスナロの樹は、神々しく輝いていた。

239 views
0 faves
0 comments
Taken on December 13, 2011