芡實 Gorgon Euryale Seed 鬼蓮の種

www.gettyimages.com 145676613

 

芡,(学名:Euryale ferox),民间俗称“鸡头莲”,是属于睡莲科芡属的水生植物,芡属是个单型属,只有这一物种。芡的种子称为“芡实”或“芡米”、“鸡头米”。是“勾芡”用的“芡粉”的最初来源。

本种在不同地方有不同的名称,例如:假莲藕、湖南根、肇實(廣東)、刺莲藕(广西)、鸡头米(东北、河北、山东、江苏)、鸡头莲(山东、江苏、河南、江西、四川、广西)、鸡头荷(江西)、鬼莲(日本;オニバス)等。

在《本草纲目》中,则记做芡实。

本种是一种大型的一年水生草本植物,多刺。

叶有两种形态:初生叶为沉水叶,椭圆肾形或箭形,4—10厘米长,初生叶柄及叶面皆无刺;次生叶为浮水叶,直径达30—130厘米,呈圆形或椭圆形、盾状,全缘或有弯缺,革质,叶下呈紫色、有短毛,叶脉分支处有尖刺,叶柄可长达25厘米,粗壮、有密刺。

花长约5厘米,萼片4裂、宿存,长1—1.5厘米,披针形,生在花托边缘,萼筒与花托基部融合,内面紫色、外面密生弯硬刺,花萼比花瓣大,花瓣呈矩圆披针形到披针形,长1.5—2厘米,紫红色,呈数轮排列,向内渐变为雄蕊,花葯矩圆形、药隔先端截状,子房下位、心皮与心室各8个、无花柱,柱头盘凹入,柱头红色。花梗粗壮,可达25厘米,有密刺。

浆果球形,乌紫红色,革质,外有密刺,直径3至5厘米,顶端有直立宿萼,不整齐开裂。含种子20—100个。

种子球形、长十余毫米,假种皮浆质、厚种皮黑色,胚乳粉质。

花期7—8月,果期8—9月。

芡分布于东亚、南亚及东南亚等温带及亚热带地区的池塘、湖泊、沼泽等湿地。

俄罗斯远东地区(滨海边疆区)、朝鲜半岛、中国大陆(东北、内蒙古、河北、河南、山东、山西、陕西、湖北、湖南、安徽、浙江、江苏、江西、福建、广东、广西、贵州、四川、云南)、海南、台湾、日本(本州、九州)、缅甸、孟加拉、印度(阿萨姆、比哈尔、查谟克什米尔邦、曼尼普尔、米佐拉姆、拉贾斯坦、特里普拉邦、北方邦、西孟加拉)等地都有分布记录。

芡的种子可以食用、酿酒及制作副食品,全株可以做堆肥,也可成为猪饲料。

芡的成熟种仁也叫芡实,又名鸡头米、肇实。主要成分含有淀粉、蛋白质、脂肪、钙、磷、铁等。中式烹饪中常说的“勾芡”所用到的“芡粉”,原本就是指芡实的粉末,后来也指其他主要成分为淀粉的替代品,比如绿豆淀粉,马铃薯淀粉,菱粉、藕粉、玉米淀粉等等。

芡实还可以用来制作芡实粥和芡实糕,或者夏季做鸡头米汤,像绿豆汤一样有防暑降温的功效。同时,芡实也是一种中药成分,《本草纲目》等都有记载。

 

藥材拉丁名 (Pharmaceutical Name):Semen Euryales

拉丁學名 (Latin Name):Euryale ferox Salisb.

 

Euryale ferox (also known as fox nut, foxnut, makhana, nikori (in Assamese), or gorgon plant) is the only species in the genus Euryale. It is a flowering plant classified in the water lily family, Nymphaeaceae, although it is occasionally regarded as a distinct family Euryalaceae. Unlike other water lilies, the pollen grains of Euryale have three nuclei.

Euryale is an annual plant native to eastern Asia, and is found from India to Korea and Japan, as well as parts of eastern Russia. It grows in water, producing bright purple flowers. The leaves are large and round, often more than a meter (3 feet) across, with a leaf stalk attached in the center of the lower surface. The underside of the leaf is purplish, while the upper surface is green. The leaves have a quilted texture, although the stems, flowers, and leaves which float on the surface are covered in sharp prickles. Other leaves are submerged. In India, Euryale normally grows in ponds, wetlands etc. Recently the Indian Council of Agricultural Research have found out a technique for the field cultivation of Euryale.

The plant produces starchy white seeds, and the seeds are edible. The plant is cultivated for its seeds in lowland ponds in India, China, and Japan. The Chinese have cultivated the plant for over 3000 years. More than 96,000 hectares of Bihar, India, were set aside for cultivation of Euryale in 1990-1991. The plant does best in locations with hot, dry summers and cold winters. Seeds are collected in the late summer and early autumn, and may be eaten raw or cooked.

In India, particularly in the northern (Punjab) and western parts of the country, Euryale ferox seeds are often roasted or fried, which causes them to pop like popcorn. These are then eaten, often with a sprinkling of oil and spices. In Mithila culture of Mithilanchal, makhana known as Makhaan in Maithili is an auspicious ingredient in offerings to the Goddesses during festivals and is used to show reverence and in cooking , specially to make a porridge/pudding called kheer of makhana or 'makhaanak kheer' or 'makhaanak payasam'. Makhhaan along with Paan (betel leaf),Maachch (fish) is symbolic to Maithil culture.

Evidence from archaeobotany indicates that Euryale ferox was a frequently collected wild food source during the Neolithic period in the Yangtze region, with large numbers of finds coming from the sites of Kuahuqiao, Hemudu, and Tianluoshan.

In Chinese, the plant is called qiàn shí (simplified Chinese: 芡实; traditional Chinese: 芡實). Its edible seeds are used in traditional Chinese medicine, where they are often cooked in soups along with other ingredients.

The name Euryale comes from the mythical Greek Gorgon by the same name. The Soviet Union issued a postage stamp featuring this species.

 

オニバス(鬼蓮)はスイレン科の一年生の水生植物である。浮水性の水草であり、夏ごろに巨大な葉を水面に広げる。本種のみでオニバス属を構成する。

アジア原産で、現在ではアジア東部とインドに見られる。日本では本州、四国、九州の湖沼や河川に生息していたが、環境改変にともなう減少が著しい。かつて宮城県が日本での北限だったが絶滅してしまい、現在では新潟県新潟市が北限となっている。

植物全体に大きなトゲが生えており、「鬼」の名が付けられている。特に葉の表裏に生えるトゲは硬く鋭い。葉の表面には不規則なシワが入っており、ハスやスイレン等と見分けることができる。また、ハスと違って葉が水面より高く出ることはなく、地下茎(レンコン)もない。

春ごろに水底の種が発芽し、矢じり型の葉が水中に現れる。茎は塊状で短く、葉は水底近くから水面へと次々に伸びていき、成長するにつれて形も細長いハート型から円形へ変わっていく。円形の葉は、丸くシワだらけの折り畳まれた姿で水面に顔を出し広がる。円形葉の大きさは直径30cmから2m程度と巨大で、1911年には富山県氷見市で直径267cmの葉が見つかっている。

花は水中での閉鎖花が多く、自家受粉で100個程度の種子をつくる。種子はハスと違って球形で直径1cm程度。8月から9月ごろに葉を突き破って花茎を伸ばし、紫色の花(開放花)を咲かせることもある。種子はやがて水底に沈むが、全てが翌年に発芽するとは限らず、数年から数十年休眠してから発芽することが知られている。また冬季に水が干上がって種子が直接空気にふれる等の刺激が加わることで発芽が促されることも知られており、そのために自生地の状態によってはオニバスが多数見られる年と見られない年ができることがある。

葉柄や種子を食用としている地域もあるが、大規模には利用されていない。

農家にとってオニバスは、しばしば排除の対象になることがある。ジュンサイなどの水草を採取したりなど、池で農作業を行う場合、巨大な葉を持つオニバスは邪魔でしかないうえ、鋭いトゲが全体に生えているために嫌われる羽目になる。また、オニバスの葉が水面を覆い水中が酸欠状態になったため、魚が死んで異臭を放つようになり、周囲の住民から苦情が出たという話もある。

水が少ない地域に作られるため池では水位の低下は死活問題に直結するが、オニバスの巨大な葉は水を蒸散させてしまうとされて歓迎されないこともあった。

中国ではオニバスの種子が食材として使われたり、漢方薬として用いられている。

3,440 views
2 faves
4 comments
Taken on March 18, 2012