new icn messageflickr-free-ic3d pan white
Sucker of Octopus 吸盤 | by DigiPub
Back to photostream

Sucker of Octopus 吸盤

© 2006 DigiPub

 

www.gettyimages.com 464238999 Flickr RF

 

タコ(蛸、鮹、章魚、鱆、英語名:Octopus)は、頭足綱- 鞘形亜綱(en)- 八腕形上目のタコ目(学名:ordo Octopoda)に分類される動物の総称。 海洋棲の軟体動物で、主に岩礁や砂地で活動する。淡水に棲息する種は知られていない。

複数の吸盤がついた8本の触腕を特徴とする。一般には「足」と呼ばれるが、学術書などでは「腕(触腕)」と表現されることが多い(英語でも arm [腕]と呼ぶ)。 見た目で頭部と思える丸く大きな部位は実際には胴部であり、本当の頭は触腕の基部に位置して眼や口器が集まっている部分である。すなわち、頭から足(触腕)が生えているのであり、同じ構造を持つイカの仲間とともに「頭足類」の名で呼ばれる所以がここにある。

その柔軟な体のほとんどは筋肉であり、ときには強い力を発揮する。

高い知能を持っていて、色を見分け、形を認識することや、問題を学習し解決することができる。例として、密閉された捻蓋式のガラス瓶に入った餌を視覚のみで認識し、ビンの蓋を捻って餌を取ることができる。また白い物体に強い興味を示す。身を守るためには、保護色に変色し、地形に合わせて体形を変える、その色や形を2年ほど記憶できることが知られている。[要出典]また、1998年には、インドネシア近海に棲息するメジロダコ(en。右列に関連する画像あり)が、人間が割って捨てたココナッツの殻を組み合わせて防御に使っていることが確認され、2009年12月、「無脊椎動物の中で道具を使っていることが判明した初めての例」として、イギリスの科学雑誌『カレント・バイオロジー (Current Biology) 』に掲載された[1][2][3][4](これに先行すること数ヶ月、テレビ番組[5]では特集が組まれ、二枚貝の貝殻や持ち運び可能な人工物を利用して身を守る様子が詳しく紹介された。動物の道具使用については別項「文化 (動物)」も参照のこと)。

血液中にはヘモシアニンという緑色の色素が含まれており、そのため、血液は青く見える。

オスは吸盤の大きさがメスに比べてばらつきがあり、また、8本の触腕のうち1本の先端は生殖器になっていて、これがメスの体内に挿入されることで受精が成立する(交接腕)。

危険を感じると黒い墨を吐き、姿をくらます。この墨は、イカのそれと比べてうま味(特にアミノ酸)が豊富に含まれているが、粘性が低く水に溶けやすいという点と、墨汁嚢が取り出しにくいという点から、加工がしにくく料理には適さないとされる。

外敵に襲われたとき、捕らえられた触腕を切り離して逃げることができ、その後、触腕は再生するが、時おり2本に分かれて生えることもあり、8本以上の触腕を持つタコも存在する。極端なものでは日本で96本足のあるタコが捕獲されたことがあり、志摩マリンランドに標本として展示してある。また、ストレスによって自分の触腕を食べることがあるが、このとき食べた触腕は再生しない。

寿命は短く、多くの種は1年程度であるが、日本で一般的なマダコは2〜3年ほどの寿命を持つ。 陸に打ち揚げられても30分程度は生きることができ、自由に行動ができる。稀に自ら水辺に這い出して獲物を捕獲することがある。

 

A suction cup, also sometimes known as a sucker, is an object that uses negative fluid pressure of air or water to adhere to nonporous surfaces. They exist both as artificially created devices, and as anatomical traits of some animals such as octopi and squid.

 

The working face of the suction cup has a curved surface. When the center of the suction cup is pressed against a flat, non-porous surface, the volume of the space between the suction cup and the flat surface is reduced, which causes the fluid between the cup and the surface to be expelled past the rim of the circular cup. When the user ceases to apply physical pressure to the centre of the outside of the cup, the elastic substance of which the cup is made tends to resume its original, curved shape. Because all of the fluid has already been forced out of the inside of the cup, the cavity which tends to develop between the cup and the flat surface has little to no air or water in it, and therefore lacks pressure. The pressure difference between the atmosphere on the outside of the cup, and the low-pressure cavity on the inside of the cup, is what keeps the cup adhered to the surface.

 

The length of time for which the suction effect can be maintained depends mainly on how long it takes for fluid to leak back into the cavity between the cup and the surface, equalizing the pressure with the surrounding atmosphere. This depends on the porosity and flatness of the surface and the rim of the cup.

 

Artificial suction cups are believed to have first been used in the 3rd century, B.C., and were made out of gourds. They were used to suction "bad blood" from internal organs to the surface. Hippocrates is believed to have invented this procedure.

 

The modern suction cup was patented in 1882, and is based on the biological suckers on octopus arms. The patent has since expired.

 

吸盤(きゅうばん)とは、大気圧や水圧を利用して物に張り付く器具、あるいは動物の器官。接着剤などと異なり一時的な接着を目的とすることが多い。

 

人工の器具の場合はゴムや弾力性のあるプラスチック製で皿のような形状をしている。対象物に皿を伏せる向きで押しつけ、皿をくぼませることで皿と対象物との間の空気が抜けるが、皿の弾性により元の形状に戻ろうとする。そのため内部は気圧の低い状態(理想的には真空)になり、外の大気圧との差が生じて皿が対象物に張り付くことになる。弾性に頼らずにレバーなどで動作させる方式のものもある。水中では水圧が大気圧と同様な役割を持つので、水中でも作用する。

 

空気漏れを防ぐために吸盤自身の吸着面と対象物は平滑である必要がある。対象物で金属面やプラスチック、タイルの面はその点で吸盤向けである。吸着力は基本的に吸盤の面積に比例する。

 

垂直面に吸盤を付着させて物を吊り下げる場合、あまり大きな荷重には耐えられないが、釘やピン、あるいは接着剤と異なり、後を汚さないこと、着け外しが簡単なことが利点である。

 

動物ではタコが一番目立つ多数の吸盤を持つものである。その形状は人工のものとよく似ており、筋力により吸着動作を行う。ハゼの仲間では、腹びれが吸盤となっている。口を吸盤にしているものには、ヤツメウナギ・アルジイーター・ヒル・吸虫などがある。総じて動物の形成する吸盤は、水中で働くものが多い。これは、自然界ではガラス面のようになめらかな表面は存在しないので、どうしても水や粘液が間に入ってその境目を埋める必要があるためであろう。空中の濡れた面であれば、さほど吸盤の形をしていなくても、ぬれた粘液面だけで吸着することもある。腹足類などが幅広い足で基盤に吸着するのも吸盤の原理である。

 

ヤモリ科の樹上や壁面に生息する構成種等の指先にある構造もかつては「吸盤」と言われていたが、現在では微小な突起構造によるファンデルワールス力を利用していることが明らかになった。

8,125 views
11 faves
4 comments
Taken on February 18, 2006