展示風景:「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」
明治維新以降150年間、近現代の大いなる実験を経て多様化し、世界が注目するようになった日本建築。古代からの豊かな伝統を礎とした独創的な発想と表現、それを可能にした遺伝子があるとしたら何か。本展は、縄文の住居から最新の現代建築まで100のプロジェクトを、約400点におよぶ貴重な資料、模型、体験型のインスタレーションなど多彩な展示を通して紹介します。

建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの
会期:2018年4月25日(水)~2018年9月17日(月・祝)
会場:森美術館
ウェブサイト:www.mori.art.museum

Installation view: "Japan in Architecture: Genealogies of Its Transoformation"

Since the Meiji Restoration of 1868, architecture has presented immense opportunities for experimentation in Japan. How did the long and rich Japanese tradition of wooden architecture evolve, among a great number of practices? Featuring 100 projects and over 400 items that include important architectural materials, models, and interactive installations, the wide-ranging exhibits introduces you to Japanese architecture from the Jomon Period to modern Japan.

Japan in Architecture: Genealogies of Its Transoformation
Exhibition Period: Wednesday, April 25 - Monday, September 17, 2018
Venue: Mori Art Museum
Website: www.mori.art.museum
7 photos · 65,274 views