Mourning jewellery

Ring with painted miniatures 1742,

 

3 English enamelled gold mourning rings with inscriptions, 1729-80

Earlier skulls and skeletons were replaced by more decorative forms. Most popular was a band of five scrolls inscribed on the outside. Mourning rings, ordered from stock with the sums specified in wills, were given out at funerals to family and friends. The inscriptions, added at the last minute, used the standard Latin abbreviations: obt (obit = died), and aet (aetat = aged).

 

British Museum

 

 

左上:ミニチュア着彩リング、1742年

 

その他:3つのイギリス製の銘文入りエナメル焼付けゴールドリング、1729-80年。

初期の髑髏や骸骨は、より装飾的なデザインに変化してきた。

最も人気があったのは、5つの巻きリボン状のフォームに記述の入るもの。遺言で指定された資産で作られたモーニング・リングは親族や友人に葬儀の場で贈られた。銘文は(製造工程の)最後に付け加えられ、標準のラテン語短縮形が使われた。Obt=没、Aet=享年。

 

大英博物館

4,154 views
9 faves
0 comments
Uploaded on August 18, 2010