天童の平屋
触発、インスパイア・・・どのような言葉が適切なのかは分からないのだが当該建築はクライアントの美学に触れることで自然発生的にこの形となった。

非常にグルービーでゆったりした空間を隙無く構成してい事で生じる緊張感はまさに施主の美学そのものである。

収納を充実させてリニアに空間構成を変えて生活感を排除していくギミックや家族の成長によってヴァリアブルに変化する空間構成も施主のライフスタイルの表現であり、それらを美しい白い表層が覆っているのが天童の平屋の美しさにダイナミックに連動している。
25 photos · 147 views