flickr-free-ic3d pan white

Japan 日本 . 白川合掌村 DSC_0472

白川郷(しらかわごう)は、岐阜県内の庄川流域の呼称である。大野郡白川村と高山市荘川町(旧荘川村)および高山市清見町(旧清見村)の一部に相当し、白川村を「下白川郷」、他を「上白川郷」と呼ぶ。今日では白川村のみを指すことが多い。白川郷の荻町地区は合掌造りの集落で知られる。独特の景観をなす集落が評価され、1976年重要伝統的建造物群保存地区として選定、1995年には五箇山(相倉地区、菅沼地区)と共に白川郷・五箇山の合掌造り集落として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された[1]。「世界遺産白川郷合掌造り保存財団」などがその保存にあたっている。毎年2月頃の週末には夜間ライトアップが行われる。

白川鄉是指岐阜縣(飛驒國)內的庄川流域。相對大野郡白川村及舊庄川村(現高山市),前者稱作「下白川鄉」,後者稱作「上白川鄉」。今天大多隻指白川村。白川鄉的荻町地區因合掌造而著稱。白川鄉與五箇山(相倉地區、菅沼地區)等具有獨特景觀的村落以「白川鄉與五箇山的合掌造聚落」之名於1995年12月被登錄為聯合國教科文組織的世界遺產(文化遺產)

1,713 views
28 faves
33 comments
Taken on April 27, 2012