new icn messageflickr-free-ic3d pan white
140118-angkor-48 | by KUNInaka
Back to photostream

140118-angkor-48

地獄の段。苦行が強いられているのがわかる。

 

第一回廊(南面・東): 「天国と地獄」

天井から床までを横三列に分けて、上から天国、現世、地獄が描かれている。

 

@アンコール・ワット

 

アンコール・ワット (Angkor Wat)

創建年代: 12世紀初頭

創建者: スーリヤヴァルマン2世(在位:1113年~1150年)

信仰: ヒンドゥー教

意味: アンコールは「都市」、ワットは「寺院」

主に砂岩とラテライトで築かれ、西を正門とする。 境内は外周、東西1,500メートル、南北1,300メートル、幅190メートルの濠で囲まれ、さらに三重の回廊に囲まれた5つの祠堂がそびえ立つ。各回廊には神聖な場所を飾るためのレリーフが彫られている。

 

アンコール遺跡群 (Angkor Heritage)

1992年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録

9世紀から14世紀にかけてのクメール王朝時代の遺跡群。

 

~ 新婚旅行 ~

56 views
0 faves
0 comments
Taken on January 18, 2014