new icn messageflickr-free-ic3d pan white
Chikashi Miyama | by tmug.archive
Back to photostream

Chikashi Miyama

作曲家、インターフェース・デザイナー、ヴィデオアーチスト、パフォーマー。「視覚と聴覚の新たな関係性」をキーワードにメディア、テクノロジを駆使した作品制作に従事している。国立音楽大学音楽デザイン学科より学士(2002)、修士(2004)を共に主席で取得、同校よりドコモ奨学金と大学院研究奨学金を授与され、2004年より渡欧。スイス、バーゼルのMusik-Akademie, Hochschle für MusikのNachdiplom課程に3年在籍し、C言語によるMax/MSPエクスターナル開発やSuperColliderを中心にオブジェクト指向言語を指導、その後、2007年にニューヨーク州立バッファロー大学からPresidential Fellowshipをはじめ4つの奨学金のオファーを受け、博士号取得のためアメリカに移住。現在、博士課程4年。また同校にてTAとして後進の指導にもあたっている。作曲、コンピュータ音楽を莱孝之、Erik Oña、G.F.Haas、Jacob Ulmann, Cort Lippe、Jeffrey Stadelman氏に師事。第30回ブールージュ国際電子音楽コンクール (フランス)レジデンス部門佳作、2006年度 Scrime 電子音楽コンクール(フランス)ファイナリスト。Prix Destellos 2009(アルゼンチン)特別賞、ASCAP/SEAMUS委嘱コンペティション(アメリカ)2位受賞。2004年よりICMC(International Computer Music Conference)に7年連続、2008年より、NIME(New Interfaces for Musical Expression)に3年連続で入選を果たした他、デジタル画像処理ソフトウェア「DIPS」の論文をIRCAM(フランス)のAgora Resonanceフェスティバルで発表。さらに、現在までにJune in Buffalo 01(アメリカ)、Mix 02(デンマーク)、Musica viva 03(コインブラ/ポルトガル)、Sonic Art 04(東京)、Next generation 05(ドイツ)、Davos Festival (ダボス/スイス)、Re:New 2008 (デンマーク)、Lica-Mantis(イギリス)、dBâle 08(スイス)、NYCEMF2009(アメリカ)、SEAMUS2010(アメリカ)、SICMF(韓国)、New Media(ベルギー)など、世界15カ国以上で作品発表を行っている。2005年からは、自作センサー楽器を用いたパフォーマンスをはじめ、Shift Festival(バーゼル/スイス)、Dorkbot Meeting(チューリッヒ/スイス、NWEAMO(アメリカ)、Pd Con(ブラジル)、SuperCollider symposium 2009(アメリカ)などで発表を行うほか、SGMK(スイス)にてワークショップを行っている。ピアニスト、渋谷淑子氏をはじめ、ギタリスト、José Navarro氏、国際クラリネットフェスティバル(東京)、Espace Sonoré(スイス)などからの委嘱多数。作品は2005年ICMC公式CDやMIT press Computer Music JournalのDVDに収録されている。

499 views
0 faves
0 comments
Uploaded on June 28, 2010