1982年東京生まれ。美術家、非正規労働者。WEB批評空間『エン-ソフ/En-Soph』http://www.en-soph.org/ 主宰。

多摩美術大学大学院在学中に小説を書き始める。2011年の震災を機に、映像と言葉の融合的表現を思考/志向しはじめ、以後、シャシン(Photo)とヒヒョー(Critic)とショーセツ(Novel)のmelting pot的な表現を探求している。

近作には、知人のギャラリストが自死した事件をテーマにしたフォトBOOK/オブジェクト『REMINDERS OF SUICIDES』や、彫刻家の吉川陽一郎を撮影する継続中のプロジェクトがあり、小説として『ウィー・アー・ピーピング』、『死んでいないわたしは(が)今日も他人』、『生きてるだけのあなたは無理』、『セイギのセイギのセイギのあなたは』、『パーフェクト・パーフェクト・パーフェクト・エブリデイ』 (それぞれWitchenkare.VOL6, 7, 8, 9,10)などがある。

 

Born in Tokyo, Japan, 1982, Ray Matsuzaki TOUMA is artist, blogger, temprary worker, and the chairman of web critic blog En-Soph.He started his career of writing novel while in Department of oil painting at Tama Art University. In the aftermath of the 2011 Tōhoku earthquake and tsunami, he began to think of and be headed for a fusional expression of images and words, including the approach to the photograph as well. Recent works are "We Are Peeping," "I, not dead, am the other again today" etc. (Witchenkare.VOL6,7、2015、2016)

Read more

Showcase

Testimonials

Have something nice to say about Ray(嶺) Thoma? Write a testimonial