new icn messageflickr-free-ic3d pan white
Hashimoto Daisuke Nagori | by zenfotogallery
Back to photostream

Hashimoto Daisuke Nagori

橋本大輔 Daisuke Hashimoto

「nagori」攝影展

  

2 0 1 0 年 1 2 月 2 4 日 ( f r i ) - 0 1 月 1 6日 ( s u n )

 

開幕晚會 Opening Party:2010年12月24日(fri) 藝術家出席

 

Text by Mark Pearson, Zen Foto Gallery

 

橋本自身の言葉がとても明確で上品に表現されているので、私が付け加えることはほとんどありませんが…。

 

無慈悲な時間というものに初めて思いを馳せたとき、もしかすると悲しい気持ちになるかもしれません。

この地球上での私たちの命は確かに非常に短いです。

たとえ愛が生きる上で最も重要なものだとしても、結局いつかは色褪せ、忘れられるでしょう。

それでも、常に流れ続け、カメラのシャッターでさえ捕らえきることができないこの”瞬間”というものは、まさに生きているかのようで心を奪われます。

 

私が橋本の写真に感じるのは悲しさではなく、常にそこにある(はずの)、でも今にも消えてしまいそうな危うい存在の美しさです。

ラフマニノフの『交響曲第2番』やリヒャルト・シュトラウスの『ナクソス島のアリアドネ』を聞いた時の感動に似た美しさ。

なによりも至福の瞬間です。

   

Nagori

 

I have little to add to Hashimoto`s own words that he has expressed so clearly and elegantly.

 

At first the thought of time`s relentless march may seem sad. Our time on earth is so short. If love is the most important part of our existence, yet all loves will fade in time and be forgotten. Yet these moments of now that are continually being destroyed, that can never be captured even by the camera`s shutter, can be truly alive and thrilling.

 

Looking at Hashimoto`s photographs does not make me feel sad. What I feel is the beauty that is always present, ethereal, thrilling. The beauty that brings a lump to my throat like those moments from Rachmaninov`s Second Symphony or Richard Strauss` Ariadne auf Naxos. Moments that contain enough joy to fill all time.

 

Mark Pearson

 

“Nagori”: remains; traces; vestiges; relics (Japanese)

530 views
0 faves
0 comments
Taken on December 3, 2010