20100919 新島
第34回撮影会

新島といえば、高校生の頃サーフィンをやりに来たぐらいで、その時もその何となくちょっと軽薄な感じが好きになれなかったりと、そんな印象しかなかった新島ですが、今回こうやってこの島をカメラを手に歩いてみて、その印象は大きく変わりました。一言で言うならば、新島は日常的にとても美的センスの高い島だと感じています。(モニュメント系は問題外ですが・笑・涙)たとえば、集落の壁に使われているコーガ石の壁。そして、そのコーガ石を原材料とした緑色の新島ガラス。そして空にはとても大きな青い空があって、その下には美しい青い海が拡がっています。そしてその暮らしぶりも、何となくいちいちおしゃれな感じがしました。そういえば、ぼくたちが泊まった民宿のおばさんが育てていたハイビスカスもなかなかのものでしたね。ですので、今回ぼくたちが撮影した新島の写真こそが、本当の新島の写真なのではないかと感じています。やりますね、東京観光写真倶楽部。

菅原一剛
135 photos · 841 views
1