20090404 小金井公園
第24回撮影会

小金井公園撮影会を終えて

今年のお花見も天気に恵まれて何よりでしたね。撮影会の時にもお話ししましたが、皆さんの日常の中にある桜の早朝の姿を見てみることが出来ましたでしょうか。きっとその瞬間に立ち会うことが出来た人はみんな解ったのではないかと思うのですが、時折「桜は、朝しかものを言わない」と言われています。最初に、漆黒の闇の中から夜明けと同時に徐々に白い花びらが浮かび上がり、やがて日が昇り、朝日を受けてますますキラキラと光ります。その瞬間の美しさは、この世のものとは思えません。その瞬間はまさに静かに話しているようです。ぼくも毎年その瞬間を楽しみにしているのですが、本当にその通りですよね。ところが、ひと度しっかり日が昇ってしまうとその艶やかさは影を潜めて、昆虫を人々をその花の元に集めます。そして、中でも国の花でもある日本においては、その楽しみ様は尋常ではありません。それ程に、桜という花は人々を高揚させる何かを持っている花なのかもしれませんね。それにしても、特に日本という国において春という季節は、こと目を楽しませるであるとか、ウキウキさせる瞬間であるとか、ちょっとばかり楽しいことがいっぱいあります。それこそ、写真にとっても、最も楽しい季節のはじまりです。何はさておき、カメラを持って外に出かけてましょう。

菅原一剛
147 photos · 1,658 views
1